埼玉県立文書館の概要

 文書館とは、歴史的・文化的に重要な文書、地図、写真、映像などの記録資料を保存し、利用提供する機関のことをいいます。これらの記録資料を公共の財産として永久に保存し、広く一般に公開していくことを使命とし、「記録遺産を未来に伝える人類の記憶装置」などと呼ばれます。近代文書館制度は18世紀にヨーロッパではじまり、その後、世界に広まりました。英語では「アーカイブズ」といい、日本では文書館、公文書館、史料館などの名称で呼ばれています。日本最初の文書館は、昭和34(1959)年開館の山口県文書館です。当館は、その10年後の昭和44年に開設された、日本で4番目の都道府県立文書館です。

 当館は、埼玉県地域の中近世から近現代に及ぶ古文書類、明治初年以来の県の行政文書(公文書)・行政刊行物のほか、県域を中心とした地図・航空写真、『新編埼玉県史』編さん時の収集資料、埼玉新聞社撮影の戦後報道写真など、130万点を超える記録資料を収蔵しています。 

 これらの収蔵資料を永続的に保存し公開していくことにより、県政の円滑な推進を図るとともに、生涯学習や学校教育、あるいは歴史や地理などの学術的な調査・研究などに役立てられています。また、団体や企業、県民の各種事業の調査に活用される、県政の情報サービス機関でもあります。

 

 ●文書館の使命(ミッション)

 ●文書館の沿革

 ●事業・活動紹介

埼玉県立文書館 要覧
文書館評価の設定

文書館では、「利用に関する評価」、「公開に関する評価」など8項目にわたる評価指標を設定しています。 

こうした指標を通じて、文書館の役割と使命を県民の皆様に知っていただくとともに、今後のよりよい改善方策を検討する素材とします。


● 平成30年度文書館評価(実績).pdf
● 平成29年度文書館評価(実績).pdf

埼玉県立文書館 ソーシャルメディア利用規約
リンク