埼玉県地域史料保存活用連絡協議会(埼史協)

 埼玉県内に残された文化遺産としての歴史的公文書や古文書等の記録資料(アーカイブズ)の保存・公開体制の推進や普及を目的として、県・市町村の担当課所館を会員として活動する団体です。公開講演会、研修会、専門研究委員会による共同研究などの事業を実施しています。

 県下の自治体史編さん担当課所館の連携組織として昭和49年(1974)に埼玉県市町村史編さん連絡協議会として設立され、平成3年(1991)年に現在の名称となりました。

  埼玉県立文書館が事務局を担っています。

専門研究委員会報告書

・第8次専門研究委員会報告書『自治体史編さん以降の地域史料管理』(平成30年) 

 平成30331日、第8次専門研究委員会報告書として『自治体史編さん以降の地域史料管理』を刊行しました。


  表紙.pdf
  本扉・序・例言・目次・組織.pdf
  第1章.pdf
  第2章.pdf
  第3章.pdf
  第4章.pdf
  第5章.pdf
  資料編.pdf
  地域資料管理マニュアル(自治体向け).pdf
  地域資料管理マニュアル(所蔵者向け).pdf

・第7次専門研究委員会報告書『地域史料の防災対策』(平成26年) 

 平成26331日、埼史協設立40周年を記念し、第7次専門研究委員会報告書として『地域史料の防災対策』を刊行しました。
 

  12被災資料調査票2.pdf

・これまでの報告書 

 『地域文書館の設立に向けて』(昭和62年) 

 『地域文書館の設立に向けて2(行政文書の収集と整理)』(平成元年) 

 『地域文書館の設立に向けて3(諸家文書の収集と整理)』(平成4年) 

 『地域文書館の設立に向けて4(地域史料の保存と管理)』(平成6年) 

 『地域文書館の設立に向けて5(地域史料の検索と活用)』(平成10年)

 第6次専門研究委員会報告書『歴史的公文書収集の現状と評価選別』(平成21年) 


  
『地域文書館の設立に向けて』1~5(下段は韓国語版)


・有償頒布 

 各報告書の有償頒布をご希望の方は埼史協事務局(埼玉県立文書館内 電話 048-865-0112)までお問い合わせください。

「国際アーカイブズの日」記念公開講演会(終了しました。)

 埼史協では、毎年69日の「国際アーカイブズの日」(2008年、国際文書館評議会〔ICA〕が制定)を記念し、公文書や古文書などの記録史料(=アーカイブズ)の大切さを広く県民の皆様に知っていただくための公開講演会を県立文書館との共催で開催しています。

 

・平成30年度「国際アーカイブズの日」記念公開講演会

 

 平成30年度は、近世・近代移行期の村と村人の歴史に関する研究を進められている一橋大学大学院社会学研究科教授の渡辺尚志氏を講師にお招きし、各地で保存されている地域史料を用いた研究成果と、そこから明らかになる〈明治維新〉像について講演いただきます。

 

1 演  題 村から捉える〈明治維新〉 ―地域史料活用の可能性―

2 講  師 一橋大学大学院社会学研究科 教授 渡辺 尚志 氏

3 日  時 平成30517日(木) 14:0016:00

4 会  場 朝霞市産業文化センター 多目的ホール

        (埼玉県朝霞市大字浜崎669-1 電話 048-487-6222

        交 通 東武東上線朝霞台駅・JR武蔵野線北朝霞駅下車徒歩約5分

            ※公共交通機関をご利用下さい。

 5 募集定員 80

 6 参 加 費 無料

 7 対  象 どなたでも参加できます

 8 申込方法 420日(金)から電話受付開始

 9 申込・問合せ

   埼史協事務局(埼玉県立文書館内) 電話 048-865-0112


・「国際アーカイブズの日」とは
 アーカイブズは、官庁や企業などの団体、あるいは個人が残した歴史的・文化的に重要な記録・文書のことで、その保存公開施設(文書館など)の意味にも使います。アーカイブズの国際組織であるICA(国際文書館評議会)は、世界中にアーカイブズの大切さを広く伝えるため、毎年69日を「国際アーカイブズの日」と定めています。

  ICAウェブサイト https://www.ica.org/